手取り25万で車持ち一人暮らしでも貯金が出来る!毎月5万貯めた方法を紹介!

一人暮らし
スポンサーリンク

車を持って一人暮らしをすると、気になるのはやはり毎月のやりくりと貯金できるかではないでしょうか?

結論から言うと、「可能」です。

なぜ可能なのかを、私の実体験から毎月5万を貯金した方法についてご紹介します。

誰向け?

車持ちで一人暮らしをする際貯金できるあ不安の方向け

どんな内容?

手取り25万で車持ち一人暮らしの私が毎月5万貯金した方法を伝授

スポンサーリンク

固定費の見直しをする

一人暮らしをしていると固定費が毎月掛かってきます。

まずはこの固定費が月にどのくらい掛っているのかを自身で把握する必要があります。

固定費とは?

固定費とは、生活していく上で必ず一定の金額がかかる費用のことです。

例えば、

  • 家賃
  • 光熱費
  • 保険料
  • 通信費
  • 自動車ローン

などが該当します。

光熱費を抑える

光熱費も工夫次第では抑えることが可能です。その方法をご紹介します。

電気であれば、

  • つけっぱなしにしない
  • 使用していなブレーカーを落とす
  • 冷蔵庫の開閉を頻繁にしない
  • エアコンをなるべく使用しない

水道であれば、

  • トイレは小を使用する
  • 湯船に毎日浸からない
  • シャワーをこまめに止める

ガスであれば、

  • 湯船を使用しない
  • ガスコンロを使用する
  • プロパンガスの物件ではなく都市ガス物件に住む

などで節約ができます。

あとは共通事項として、契約事業者を見直す方法もあります。

最近では大手携帯会社もこのようなサービスを行っており、まとめることによって割引があるので、活用されてはいかがでしょうか。

保険料を見直す

一人暮らしで会社に勤務していれば、最低限健康保険が適応されるので必要以上に保険に入る必要はないかと思います。

私は養老保にのみ加入しており、月に12.000円出費があります。

家族が出来た際なんかに保険の追加を検討しそれまでは他に必要ないかと思います。

通信費を抑える

通信費も毎月掛りますが、契約内容によっては大幅に料金を削減することが可能です。私の場合は月に約2万かかっていた通信費が今では約3.000円に抑えられています。

その方法についてご紹介します。

格安SIMを購入

格安SIMを購入しましょう。

私の場合、格安SIMを利用する前の携帯料金は約10.000円でしたが、現在使用している格安SIMでは約3.000円に抑えられています。

家にいる間はWifi環境を利用し、外出先でもフリーWifiを利用すればこの金額に抑えることは簡単にできます。

インターネット環境無料の賃貸に住む

そもそも家賃の中にインターネット利用料が入っている物件も多いです。

家の中であれば無料でWifiが使い放題なので、Wifiの工事費も通信費も別に掛からないにでオススメです。

変動費の見直しをする

変動費とは、その月によって金額が変動する費用のことです。

例えば、

  • 食費
  • 交通費
  • 交際費
  • 娯楽費

などが該当します。

自分の工夫次第で抑えられるのが変動費となります。

自炊をする

安い食材を入手して自炊したほうが、毎日外食するより節約できます。

ただ、手間が掛ってしまい面倒だという意見もあるかと思いますので、その場合は面倒じゃない簡単なレシピをweb上で検索することをオススメします。

このブログでも節約レシピについて紹介していますので、合わせてお読み下さい。

飲み会に参加する回数を減らす

飲み会に出席すると、一回で大体5.000円くらいは消費します。

調子がよくなって二次会やカラオケなんかに参加すると、多いときは15.000円ほど出費します。

その時は楽しいかも知れませんが、長い目で自分の将来に役立つ意味のある飲み会にのみ参加するよう絞るのも時には必要だと思います。

趣味を変えてみる・参加回数を減らす

ゴルフやサバゲーなどお金のかかる趣味ではなく、読書やブログなどお金のかからない趣味に変更するのもありだと思います。

ただし、全てを一気にやめるのではなく、参加回数を減らしたり、道具を安く押さえたりすることで継続しながら自分と相談して工夫することも必要です。

実体験から工夫した点を紹介

口座を複数開設する

複数口座を開設して、貯金専用口座や振込み専用口座、給料振込み用口座など使い分けることをオススメします。

私の場合毎月給料日に各講座に以下のように振込みを行っております。

  • 貯金用口座・・・5万
  • 家賃振込み口座・・・家賃6万+1万
  • 給料振込み口座・・・そのまま(固定費の支払い)

給料が入ったら最初に貯金用口座に5万振込みます。

いわゆる「先取り貯蓄」といわれるものです。

最初から5万はなかったものにし、引かれた20万から月のやりくりをする考え方となります。

家計簿アプリを利用する

ノートに家計簿を記載するのもいいかも知れませんが、私は家計簿アプリを利用しております。

口座情報やクレジット情報をアプリに登録すると、オンライン上で収入、支出を可視化することが可能です。

常に口座にいくらあって、毎月いくら貯金ができ、支出があったかを確認できますし、無料で利用できるのでかなりオススメです。

私は「Moneytree」というアプリを利用しております。

貯金する目的を明確にする

目的もなく貯金をしても、それをする意思がないため、ついつい出費がかさんでしまう場合があります。

なので、何でもいいので目標を決めましょう。

私の場合は車をローンで購入しているので、

「一括で返済できる金額を貯金する」

「万が一の場合に利用できるように貯金しておく(冠婚葬祭、リストラ、不景気など)」

を目標に定めました。

軸がないとブレて出費が多くなりますので、自分なりの目標が必ず決めましょう。

まとめ

元々貯金には無縁で出費ばかりで時には借金まで作ったことのある私ですが、上記のこと日々意識し工夫するだけで貯金ができるようになりました。

あなたも全てとは言いませんが、出来ることから工夫を重ねることによって成果がつきてきますので是非実践して見てください。

また、別の記事で月の出費額について詳しく書いた記事がありますので、こちらも合わせてご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました